なんて日だ

土曜日から腹痛が続いていました。

金曜日の夜(0時過ぎてたから厳密には土曜日)、夜更かしってほどでも全然ないんですけどちょっとうつらうつらしながらZOOMで飲み会して寝て、寝落ちとともに下腹部に突然の激痛。なんだこれ、うわぁ、と思っていたら徐々に治まってきて寝た。とにかく眠かったです。

で、土曜日。朝から精神科訪問看護のWebセミナーを視聴するためにコワーキングスペースに足を踏み入れていたのですが。

なんかお腹が地味に痛い。別にすごく痛い訳じゃないけど、なんか変な感じ。お腹が張ってる。打診してみるとガスの貯留はある感じ。下痢・便秘などはなし。嘔気、嘔吐もない。ちなみに体温は36℃台。腹部症状らしき腹部症状もないから、うーん、婦人科疾患?っていうのも一瞬頭を過ったけど、7月に婦人科検診は受けててエコーでの異常はない(※と、いうか1年前からの悪化はない)とのお墨付きをもらってる。泌尿器……?肉眼的血尿や背部痛もない。

うーん、なんだろうなぁ?でも別に痛みが強くないから緊急性がなさそう。

と、思いながら土曜日、日曜日、月曜日、火曜日まで過ぎた。

幾らなんでも長引きすぎでは……?

痛みの位置は定まらない。お腹全体になんとなく違和感。本当に痛みがあるところに病変があるとしたら腹膜炎くらいしか考えられない。でも全然元気だし、楽しく筋トレも痩せると有名なダンスもできるし。ま!熱中症に気を付けてるつもりで冷たいお水たくさん飲んだり、塩分補給タブレット食べたりしてるから胃が荒れたのかな?夏バテ的なやつかな?整腸剤飲んで様子見て、週末まで変わらなかったら受診しようかな。

くらいのつもりでいたんですよ。

職場で整腸剤(エビオス錠、毎食後10錠)飲みながら『今なんかちょっとお腹痛いんですよ~夏バテですかね~~~』みたいな感じで軽いノリで話をしてたら、なんかわからないけどその場にいた先輩看護師、ケアマネさん、果ては事務さんまでみんなで『ちょっと胃が痛い、調子おかしいな、と思って放置してたら実はスキルス性胃がんだった』ってひとの話をし出して脅された(なんでみんな同じエピソードを出してくるの?みんなわかる~!みたいな感じで盛り上がってたけど全然共感できなかったよ……)ので、まぁ金、土曜日オンコールだからなぁ。なんか勤務に影響あるといけないし、受診するかぁ……。と、思って行ってきました。クリニック。

 

このクリニックに来たのは看護学生のときに血便が持続して受診したのがきっかけ。8~9年前に大腸内視鏡したから、そろそろまた上部下部両方したほうがいいかな?ひょっとしたら今回この件でやるかもな……。と思ってました。

ドクターの名前、見覚えある。前に診てくれたことあるひとなのかな?とかぼんやり考えながら診察を受けました。顔は見覚えなかったけど。

一通り痛みの程度、部位、性状、その他の腹部症状の有無、便秘や下痢の有無、食事摂取はできるかどうかなどなどの問診を受けて、聴診・打診・触診など一通りして『異常は……ない……?』って話になったんです。わかる。超わかる。痛いけど元気だもん。

ドクター『うーん、最近激辛食べた?』

食べてないです。実は日曜日ニンニク食べて吐いたけど言わないでおくね……。

ドクター『激しい運動は?』

……?!?!?!

のぞみ『あー、最近、ハンドクラップダンスっていうの、やってます』

ドクター『なに?』

のぞみ『に、2週間で10kg痩せると……触れ込みの……』

ドクター『それ、めちゃめちゃ激しくない?』

カタカタカタカタカタカタ

あ、今電カルに絶対2週間で10kg痩せるダンスって書いてる。

ドクター『他に生活上のことで変わったことをしたりとかは?』

のぞみ『ない……です……。あ、で、でも先生、もっと激しいトレーニングをしてたこともあるんですけどそのときはこんな痛みはなかったです』

ドクター『コンディションとかもあるだろうからね』

と、いうことでまさかのロキソニン(鎮痛剤)とレバミピド(胃薬)の処方が出ました。

ドクター『これでだめなら胃カメラとか必要かもしれないから、ちょっと飲んで様子見てみてください』

筋肉に、裏切られた……。

 

ショックだなー、と思って家に帰って夕ご飯食べてから薬飲みました。当たり前だけど薬飲んでから全然痛みはない。やり残してた仕事やーろう!と思ってカルテ(仕事用iPad)開いて気付いたんです。

わたしがさっきお腹を出して、痩せるダンスについてお話ししたドクター、利用者さんの主治医だ……。

前の記事

フカサワの夜を忘れるな

次の記事

BAD FOR ME